カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

鍼灸症例紹介 肩こり

鍼灸症例紹介 肩こり

*下記症例は患者さん個人が特定されないように内容を少し変更しております。

患者 20代 男性

主訴 首肩の痛み

奥様の紹介で来院くださりました。

朝起きると首肩の痛みがひどいとの事。

腕や指に痺れはなく、めまい耳鳴りの症状もないが、念のためスパーリングテスト及びジャクソンテストを施行するも共に陰性の為、頸椎ヘルニアは考えにくい。

頚部、前後屈時に運動痛、右側屈で左首側面に張り感、左側屈で右首側面に張り感。

回旋運動では異常なし。

右肩に比べ左肩が上がっていた為、左僧帽筋上部が収縮が強かった。

大胸筋が張っていて巻き肩も強い。

鍼灸治療は何回か経験があるそうです。

施術頻度はお仕事の関係上、週1回の治療でゆっくりやっていきます。

施術

まずうつ伏せで

僧帽筋(上部)、棘筋の頚部を狙い、天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)。

僧帽筋(上部・中部)、肩甲挙筋を狙い、肩井(けんせい)、肩外兪(けんがいゆ)、大杼(だいじょ)、天髎(てんりょう)に10分間置鍼しながら、鍼にパルス(電気)を流します。

その後、仰向けになり

百会(ひゃくえ)*1、胸鎖乳突筋を狙い天牖(てんゆう)。

大胸筋狙いで天谿(てんけい)。

肩こりのツボの代表格、曲池(きょくち)、手三里(てさんり)、合谷

(ごうこく)に10分間置鍼及びパルス鍼を施しました。

その後、座ってもらい、動かせる範囲で動かしてもらい、痛みのひどい場所を単刺で刺激を入れました。

最後に、入浴時の天谿へのマッサージ。それと、かなりストレスが強い様に感じられたのでゆっくり休んでくださいとお願いしました。

*1 東洋医学では、体の中には気と呼ばれる生命エネルギーが流れていて、気の流れがスムーズであれば、健康を保つことができると考えられています。

百会というツボ名の由来は「百(多数)の経絡が会する(集まる)場所」であるからとされているので私はよく使います。

まとめ

まだ現在進行形で治療が続いています。

男性という事もあり、治療反応も早く、1回目の治療で運動障害はかなり取れました。

しかし、1週間後に2回目の治療にいらした際には、症状の戻りがありました。

だいたい3~4日はかなり調子が良かったとの事なので、このまま治療を続け、1週間通して調子のいい状態が続くように頑張っていきたいです。

R2 8月の予定

R2 8月の予定
  3日(月)    休診
    10日(月・祝) 17時まで診療
  11日(火) 休診
  17日(月)~18日(火) 休診
  24日(月) 休診
  31日(月) 休診

鍼灸症例紹介 ぎっくり腰

*下記症例は患者さん個人が特定されないように内容を少し変更しております。

患者 40代 女性

主訴 急激な腰痛(ぎっくり腰)

10日前に受傷し、他の治療院にかかり物理療法をするも症状変わらず当院に旦那さんに押され車イスにて来院しました。

腰の激痛は勿論の事、

足に痺れはないが、左足ふくらはぎをよくつり、冷え、便秘もあった。

体の前屈及び後屈も一切できない状態。

時間はかかりますがうつ伏せと仰向けにはなれました。

そして、鍼灸治療は昔やったことがあるとの事でした。

施術頻度は状態が改善するまでは毎日治療しました。

両側ですが、特に左側の脊柱起立筋に広範囲に腫脹や熱感、硬結が認められた。

更に仙腸関節部に強い疼痛と腫脹あり。

SLRテスト陰性の為、椎間板ヘルニアの疑いは考えにくいので急性の椎間関節性腰痛及び脊柱起立筋の挫傷(肉離れ)と判断しました。

施術

まずうつ伏せで

脊柱起立筋のラインに沿って、左右の大腸兪、腎兪、三焦兪。

更に腰方形筋の上にある志室、大臀筋を狙って環跳。

下肢症状はないものの、これから出る可能性もあるので

ハムストリングス(殷門)、膝裏(委中)、下腿三頭筋(承山)に刺入し、10分間の置鍼。

その後、仰向けになり

三陰交(冷え)、足三里(前脛骨筋)、陰陵泉(腓腹筋)、あとは大腿四頭筋の外側広筋と中間広筋に刺入し、10分間の置鍼をしながら、お腹をお灸(箱灸)で温めました。

その後、座ってもらい、動かせる範囲で動かしてもらい、痛みのひどい場所(主に仙腸関節付近)を単刺で刺激を入れました。

最後に、安静第一という事と入浴はさけて下さいとお願いしました。

まとめ

今回のぎっくり腰はかなり重症でした。

施術も普通に動けるようになるまで7回かかりましたし、その後すこし時間を空けて3回治療をし、終了しました。

最初の症状が症状だっただけにスムーズに動けるようになるまでは毎日の施術で1週間を要しました。

日に日に症状が改善していくので患者さんには非常に喜んでいただきましたし、こちらとしてもうれしく思います。

今回の様に車イスを使うようなレベルのものから、普通に歩いて来院できるレベルまで、すべてぎっくり腰です。

痛みの程度やレベルによって、治療の回数も違います。

もし、ぎっくり腰をやってしまったと思いましたら、お風呂でむやみに温めないのがよろしいかと思います。

7月の予定

R2 7月の予定
  6日(月)    休診
    13日(月) 休診
  20日(月) 休診
  23日(木・祝) 17時まで診療
  24日(金・祝) 17時まで診療
  27日(月) 休診

よろしくお願いいたします。

6月の予定

遅くなり申し訳ございません。

R2 6月の予定です。

  1日(月) 休診
8日(月) 休診
  15日(月) 休診
  22日(月) 休診
  29日(月) 休診

よろしくお願いいたします。

昨日、緊急事態宣言が解除されました。

昨日、全国の緊急事態宣言が解除されました事をうけて、診療時間を

19時までの診療から、通常通りの20時までの診療に戻したいと思います。

緊急事態宣言が解除されても、未だ新型コロナウィルスの脅威は去った訳ではありません。

これからも、手洗いうがい等の現在出来ることを着実にやっていきましょう。

よろしくお願いいたします。

*5月のGWの予定を変更いたします。*

*5月のGWの予定を変更いたします。*


従来の予定ですと通常通り診療するつもりでいましたが、


都知事の記者会見にて、4月25日から5月6日までの12日間を


『いのちを守るステイホーム週間』として、企業の休業や都民の外出抑制の呼びかけが行われました。


「移動の自粛」によって、感染拡大を防ぐことが目的だと解釈し、5月1日(金)~8日(金)までの1週間を休診とさせていただきます。


1日前という急な連絡になってしまい大変申し訳ありません。


9日(土)より通常通り診療致します。


よろしくお願いいたします。

青戸はなまる鍼灸接骨院 松丸

5月の予定

R2 5月の予定
  3日(日・祝) 17時まで診療
  4日(月・祝) 休診
  5日(火・祝) 17時まで診療
  6日(水・祝) 17時まで診療
11日(月) 休診
  18日(月) 休診
  25日(月) 休診

よろしくお願いいたします。

日頃の感謝を込めて。

少しですが、マスクを入荷できました。

そこで、こんなご時世のなかご来院の下さる皆様に

少ないですが、マスクをプレゼントさせて下さい。

本日より配布いたしております。

数の限りがあります。

ご来院お待ちしております。

よろしくお願いいたします。